top of page
検索
  • 執筆者の写真Shinji Hirose

ドイツパン屋さんめぐり_Stemkeパン屋


2016年1月から3月まで3ヶ月研修を受けたドイツ、シュベービッシュグュミュン


トのStemkeパン屋を5月24日に訪問しました。ここで色々学びました

・石窯パン(シュタインオーフェン)をHiroseでも焼いていますがStemkeさんの石窯パンのような顔にはなりません。Stemkeさんの石窯パン生地は水分が多くとても柔らかいのに対しHiroseで同じようにすると平でぺったんこのパンになってしまいます。何故か?

最初から水を多く入れてはだめ、まず硬めに捏ね上げその後少しずつ水を足しながら生地が壊れないところまで柔らかくするとのこと。早速トライします。

・ロゲンミッシュのホールは長いパン、ハーフは生地370gの円形、これは6月のパンでやってみます

・ブレッツェルはほぼ同じかな。


閲覧数:143回0件のコメント

最新記事

すべて表示

サワー種

2024年ドイツパン工房Hiroseのパン作り

2016年12月に開業した山の中の小さなドイツパン工房Hiroseは8年目に入りました。パン工房Hiroseのパンはどんなパンですか?と問われたときに看板商品がないな、と思っていました。今年は”Hiroseのパン”を早い段階で決め、同時に種類の絞り込みをしたいと考えています。 ・年間のパンメニュー 1,2月については昨年10月時点と同様のメニューとします。既にネットショップに反映済です。 3月から

bottom of page