検索
  • Shinji Hirose

トランス脂肪酸


心臓疾患やアレルギーを引き起こすと言われているトランス脂肪酸はマーガリンやショートニングに含まれておりパンの製造に使われているという記述をよく目にしますが、パン工房Hiroseではマーガリンもショートニングも一切使っていません。

そもそもマーガリンやショートニングはどのように作られるのでしょうか?

植物油(大豆、トウモロコシ、ヤシなど)は常温で液体です。これに水素添加すると常温で固体になるんです。この硬化油がショートニングです。これに化学物質である香料を混ぜバターの香りに近づけたものがマーガリンなんですね。水素処理によって常温で固体になると使いやすくて便利です。また酸化による劣化が進みにくくなることも利点です。ショートニングを入れたパンはなかなかカビが生えないというのはこのためです。しかし水素処理の際困った副産物ができるんです。それがトランス型の不飽和脂肪酸、トランス脂肪酸です。自然界に微量にしかなく体内で代謝されにくく健康への悪影響が指摘されています。

日本では全くフリーですが欧米では早くから何らかの規制がかかっています。マーガリンやショートニングが含まれているパンは避けた方がいいです。パン工房Hiroseのパンはどのパンも一切使っていませんから安心してお買い求めください。


0回の閲覧
  • White Facebook Icon
  • White TripAdvisor Icon
  • White Pinterest Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram

ニュースレター配信登録はこちらです

©2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。