2021年10月のお知らせです。​

10月のパンのご案内です。9月から始めました2021年新麦セットを継続しています。今年入荷した新麦はライ麦も小麦も豊富で当分続けられます。セットに使う単品は固定されているため全体のメニューは大きく変わるところはありません。ただ3ヶ月限定の”じゃがいもパン”は終了し来年7月までお休みします。

 

今月は”麦の旨味を引き出す”をテーマにブレートヒェンやハードトーストの改良を試みます。ご期待ください。

飲食の業界は今年6月からHACCP(ハサップ)の導入が義務化されました。パン工房Hiroseはこれまでは厚労省作成のテンプレートをそのまま使ってきましたが工程ごとに見直しをしました。HACCPとは危害要因を分析(HA)して重点管理点を決め(CCP)記録することです。パン製造の場合アレルゲン混入と異物混入を考えないといけません。髪の毛、虫、クルミの殻、金属片など入れないための策と実行記録を残し品質を保つことが求められています。10月から自作の管理表を使い品質維持に努めます。

このところの新型コロナ感染者は急激な減少傾向にありますが人流とは全く関係のない要因があるように思えてなりません。科学的に納得いく説明がされることを望んでいます。

そんなわけで10月はおそらくサンビルは開催されると期待しています。11月初めには藤橋道の駅のイベントも予定されておりようやく出店で皆さんとお会いできると期待しています。

11月からは今年もシュトレンの対応が始まります。ご予約はショップの”単品の購入”ページからできます。”お問い合わせ”ページからもできます。お届けは11月以降となりますのでお受取り希望時期を連絡いただけると助かります。よろしくお願い致します。