top of page
検索
  • 執筆者の写真Shinji Hirose

外カリカリ中モチモチのパンへ



ロゲンミッシュブロート、ヴァイツェンミッシュブロート、ドイツで売れ筋のパンがパン工房Hiroseでは至って人気がない。修行したドイツのパン屋と作り方は同じはずだがパンの中(クラム)の硬さが気になっていた。そして今月21日ドイツから来日したルッツさんの講習会に参加してこの思いは決定的となり自分の焼くパンの大改造を決意したのでありました!

と言っても変えようと思っているのは丸い大型パン、つまりミッシュブロートや小麦の全粒パンです。水の割合を多くするとパン屋は儲かるとはよく言ったもので材料費を抑えて美味しいパンができお客さんがふえる・・・


水を多く、と言っても捏ねる際水を最初から多く入れても生地はぐちゃぐちゃになるだけでだめ。昨年ドイツ研修時のシェフを訪問した際に言われたこと、少ない水で生地をしっかり繋げてから少しずつ水を入れていく。これがまだ実現できないままになっていたことを思い出す!

今回のルッツさんのレシピには水A、水Bと分けてあり追加するタイミングが分かりやすく書かれています。

別の手段としてコッホシュトック、すなわち粉に熱湯を混ぜてデンプンを糊化させることによって水分を保持することもできるらしい。湯種と言われているのはこれです。

さて、パン工房Hirose の丸形大型パンも変わりますよ!

”外カリカリ中モチモチ”の試み第一弾!!ヴァイツェンミッシュブロート




閲覧数:720回0件のコメント

最新記事

すべて表示

サワー種

2024年ドイツパン工房Hiroseのパン作り

2016年12月に開業した山の中の小さなドイツパン工房Hiroseは8年目に入りました。パン工房Hiroseのパンはどんなパンですか?と問われたときに看板商品がないな、と思っていました。今年は”Hiroseのパン”を早い段階で決め、同時に種類の絞り込みをしたいと考えています。 ・年間のパンメニュー 1,2月については昨年10月時点と同様のメニューとします。既にネットショップに反映済です。 3月から

bottom of page